Pavilion 2014: Concept Video 1

July 27, 2014 in Pavilion

Here is a short trailer highlighting some of the background and concepts behind this year’s pavilion.

Pavilion 2014: Structural Testing

July 22, 2014 in Pavilion

To determine the structural properties of our stik material, we have had the help of Professor Sato’s lab.

Through the use of this vice-like machine, we can determine the compressive and tensile strengths of our material. This data can then be fed into our digital simulations.

Pavilion 2014: Construction Simulation

July 3, 2014 in Pavilion



Finished Model: 1.3m tall, 1.2m diameter

The construction material for the pavilion has changed from chopsticks to sticks of Japanese Cedar. This wood is very common in Japan. However, the Cedar trees have a 50 year lifespan, at the end of which, they must be harvested. However, much cedar is going to waste, since timber is cheaper to import. Our initiative is to utilize the scraps of leftover cedar in an attempt to reduce ecological waste within the local environment.

Distribution Device

In order to control the aggregation of sticks, we have developed a handheld device that will coat each stick in adhesive, before dispersing it. The device is powered by a motor, which will eventually be linked to the feedback scanning system.

Scanning-projector System

Integration with projector and scanning system allows us to detect the placement of sticks. As the model is being built, the scanning system will continuously feedback to the projector display.

Pavilion 2014: Construction Video 1

July 3, 2014 in Pavilion

Here is a video of the construction of a model of the 2014 Pavilion.

Event: 「東京オリンピック・パラリンピック2020に向けた環境デザインのアイディア」 (6/18)

June 18, 2014 in Exhibition, Symposium

6/20 Toward Tokyo Olympic & Paralympic 2020 展示会・シンポジウムのご案内

東京大学SPL(Sustainable Prototyping Lab) / 小松精練株式会社が共同で、「東京オリンピック・パラリンピック2020に向けた環境デザインのアイディア」と題し、東京大学で作成した100の都市緑化に関するアイディアの展示会及び記念シンポジウムを行います。小松精練株式会社の開発している環境材料や、隈事務所の施工事例なども展示いたします。参加無料、パーティを含めどなたでもお気軽にご参加いただけます。ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご来場ください!■日程 6/20(金)

■展示会 16:00~21:30 @工学部1号館4階 T_ADSスタジオ(展示は7/4まで)

■シンポジウム 18:30~20:30 @工学部1号館15号教室
特別講演 : 赤池学(科学技術ジャーナリスト)
特別対談 : 平田竹男(内閣官房参与/内閣オリンピック・パラリンピック推進室長)
隈研吾(東京大学教授)
司会 : 小渕祐介

■パーティー 20:30~21:30 @工学部1号館4階 T_ADSスタジオ

Event: Lecture by David Jason Gerber (5/20)

May 18, 2014 in Lecture

Dr. David Jason Gerber, a faculty member at the USC School of Architecture will be giving his lecture on May 20th at the ADS Studio(Engineering bldg No.1 Room 415). The lecture is entitled “Parametric Tendencies & Design Agency” and will argue most digital approaches are a consideration of associativity, constraints, objectives, and coupling when applied to architectural design exploration. Dr. Gerber has extensive experience in computational design through working on various projects at Zaha Hadid Architects and Moshe Safdie and Associates and also through teaching at Harvard University and at the Architectural Association.

+++++++
5月20日、16:30より東京大学工学部1号館415号教室にて、USC School of Architectureのデビッド・ジェイソン・ガーバー准教授によるレクチャー、「Parametric Tendencies & Design Agency」が行われます。情報技術を用いた設計プロセスにおいての、様々な条件の関連性や拘束性の考察についてお話して頂きます。ガーバー氏はザハ・ハディド氏やモシェ・サフディ氏の元で進めたいくつものプロジェクトや、ハーバード大学やAAスクールで教鞭取られた経験を通し、コンピュテーショナルデザインに関する最先端の研究を長年に渡り進めてこられました。是非ご参加ください。

Event: Lecture by Renee Puusepp (5/21)

May 18, 2014 in Lecture

Renee Puusepp, an architect and researcher of computational architecture, is going to talk about his research and projects at the ADS Studio (Engineering bldg No.1 Room 415) on May 21st. His special interests lie in using generative, parametric, and programmable tools at the early stage of the design process. He runs London-based architectural practice SliderStudio and works as a researcher at the Estonian Academy of Arts.

+++++++
5月21日、18:00より東京大学工学部1号館415号教室にて、建築家であり、コンピュテーショナルアーキテクチャーの研究者でもあるリネー・プセップ氏によるレクチャーを行います。ロンドンに拠点を置く、SliderStudioや研究者として所属するEstonian Academy of Artsでは、デザインの初期段階に導入される、プログラミング等のツールに関する研究を進めてこられました。是非ともご参加ください。

Event: Lecture by Oleg Slyeptsov and Galyna Shevtsova (4/23)

April 14, 2014 in Lecture

DFL Pavilion 2013: Photo records

January 9, 2014 in Uncategorized

above (c) Hayato Wakabayashi

above (c) Obuchi Lab, the University of Tokyo

We have added several photos of the DFL Pavilion 2013 both when completion and under assembly process.
Also please check the following link http://www.obuchilab.com/dfl/?p=766. You can watch the short movie of a fabrication and assembly process of the pavilion.
+++++
DFLパビリオンの完成及び製作時の写真をアップロードしました。是非ご覧ください。
また、http://www.obuchilab.com/dfl/?p=766より制作過程を記録したムービーもご覧いただけます。

—–

本研究は、自由曲面のテンセグリティ構造を2次元からの立体化により安定化させる構法のケーススタディとして、2012年10月から2013年12月までに東京大学大学院建築学専攻小渕祐介研究室(以下、小渕研)、同佐藤淳研究室(以下、佐藤研)と株式会社大林組(以下、大林)との協働にて仮設パビリオンの設計、プロトタイプ製作を行い、その成果をまとめたものである。部材加工・制作にはAnS Studio・竹中司氏の協力を得た。
本研究のケーススタディにおいては、パビリオンの設計及び施工検討にあたって導入された諸情報技術によりもたらされる1.設計プロセス 2.施工方法 3.建築構造のそれぞれにおける革新性という観点から、本研究の成果と付随する問題点を検証し、その発展可能性を考察した。

背景および目的
20世紀初頭以来、現在に至るまで国際的な枠組みの中で確立されてきた近現代の建築生産システムは、2次元の図面の組み合わせによる指示を基本とする、直行系の座標を持ったモジュールに従い確立されてきた。
一方で、フライ・オットーが1982年の自著の中で「今日の目標は自然な建物と都市をつくることである―中略―人間とその技術が自然と不可分であるような状態を作り上げることである」と述べていることに顕著だが、自然の持つ合理性を取り込むことを目的とした3次元的な曲線・曲面を基調とした有機的な建築への取り組みは、1960年代以降徐々にその例を増やし、現代では90年代後半以降の情報技術の飛躍的革新の支えを得て、一定量の事例を蓄積するに至っている。
しかしながら、3次元的な曲面を構成する建築部材の生産システム及びその施工過程は、依然として非常に煩雑な生産過程や大量の仮設資材を必要とするケースや、膨大な図面による建築形状の指示に基づく職人の手作業等を必要とするケースも多く、特に経済的な観点から十分に合理的な生産過程や構法の確立には至っていないのが現状と言える。
本研究では、これらの問題意識に基づき、従来の建築生産システムにおける技術体系で十分に対応可能な2次元の情報で部材形状を定義し、かつ組み上げまでを平面上で行うことで煩雑な生産や仮設構造を回避しながら、簡易な施工過程のみにより3次元形状を生み出し、成果物としては有機的な曲面のもつ合理性を獲得することを目的とした。

Project: The University of Tokyo, Digital Fabrication Lab Pavilion 2013
Design Team:
The University of Tokyo teaching staff: Yusuke Obuchi, Toshikatsu Kiuchi, So Sugita, Hironori Yoshida
The University of Tokyo students
: Christopher Sjoberg, Yeonsang Shin, Miguel Puig, Zhang Ye, Ana Luisa Soares, Ma Sushuang, Tong Shan, Andrea Trajkovska, Quangtuan Ta, Wei Wang, Anders Rod, Benjamin Berwick, Qiaomu Jin, Fawad Osman, Yanli Xiong, Andrea Bagniewski, Kevin Clement, Ornchuma Saraya, Minjie Xu
Obayashi Corporation: Tomoo Yamamoto, Kenichi Misu, Gendai Ono, Yasuo Ichii, Keisuke Fujiwara, Shunsuke Niwa, Tatsuji Kimura, Masaru Emura, Taiki Byakuno, Takahide Okamoto
Structural engineer: Jun Sato
Fabrication of components: Tsukasa Takenaka (AnS Studio)
Construction: Multibuilder
Fabrication: Togari Kogyo
Structure: Freeform Surface Tensegrity Structure
Materials:
Compressive components: stainless steel plates with 0.5 mm / 0.8 mm / 1.2 mm / 1.5 mm thickness
Tension cables: stainless steel cables in 3 mm diameter
Base ring: stainless steel pipe in 48mm diameter
Foundation: precast concrete blocks
Furniture: painted plywood
Weight: 1.5 t (upper structure in stainless steel), 1 t (concrete foundation)
Design Phase: October 2012 – March 2013
Design development, fabrication & construction: April – November 2013
Completion date: 24 November 2013

DFL Pavilion 2013: Movie

December 6, 2013 in Pavilion

We have uploaded a video footage of DFL Pavilion 2013.

+++++++
DFLパビリオンの製作の様子を記録したムービーをアップロードしました。是非ご覧ください。