Objective

Digital Fabrication Lab(DFL) at the University of Tokyo, Department of Architecture was founded in 2011 to explore innovative fabrication techniques in Architecture employing digital tools and technologies.  Together with the Global 30 Architecture and Urban Design(G30) course led by Yusuke Obuchi, DFL seeks to develop and speculate new knowledge for architecture where the practice of design engages both social constructs and material performance. Lecture series and workshops are organized by DFL to develop an open environment to learn and study about developing innovations.

+++++
東京大学建築学部デジタルファブリケーションラボ(DFL)は 建築における革新的な製造プロセスの研究のために、デジタルツールや最新技術を取り入れた、開かれた研究プラットフォームとして2011年より活動を開始しました。小渕祐介指導によるG30国際都市建築デザインコース(G30)と共に、本ラボはデザイン行為が社会的構成と材料特性の両方に繋がる建築のために、新しい知識を思索し研究を進めています。DFLが企画するワークショップやレクチャーにより、最新の技術について学ぶことのできる、開かれた研究環境の構築を目的としています。